坂本よしたか【ICOはプラットフォーム系が伸びる】

坂本よしたか【ICOはプラットフォーム系が伸びる】

坂本よしたかです!
ICOで資金調達を行う仮想通貨にはいくつかの種類がありますが、中でもプラットフォーム系に注目が集まっています。
豊富な機能を持つことから有望株として見る投資家も多く、将来性への期待も大きいようです。

仮想通貨と言えば決済や支払いに使うもの、法定通貨の代わりと考えている人は少なくありません。
しかしプラットフォーム系と呼ばれる仮想通貨はアプリケーションを動作させるなど、システムの土台となるものです。
代表的な仮想通貨はイーサリアムで、プラットフォーム系コインとして長い歴史を持っています。
後発のプラットフォーム系コインの多くはイーサリアムの流れを継ぐものです。
また機能は似ているものの、プログラミング言語にjavascriptを採用したLiskも人気があります。
開発の裾野が広く、今後の開発状況次第では伸びしろの大きいコインと言えるでしょう。

現在流通している仮想通貨の中でも、プラットフォーム系のコインには高く評価されているものが多くあります。
その流れもあって、ICOでもプラットフォーム系の通貨が注目されているようです。
AIの活用と開発者の人的資源活用のためのプラットフォームは、効率良く開発を進めるシステムとして期待されています。
ICOでも順調に資金を調達し、今後は10倍以上の価格を付けるのではないかという噂もあるようです。
バトルゲームに勝つことで報酬を貰える、ゲームに特化したプラットフォームもあります。
ゲームの世界は現実世界以上にグローバル化が進んでいるため、開発状況次第で大きく成長するでしょう。

プラットフォーム系の仮想通貨を成功させるには、活用の場を広げる提携企業が必要です。
どの分野で活用できるのかと、どう差別化するのかが大事なポイントとなるでしょう。
実際イーサリアムの成長にも、金融機関との提携などの大きなターニングポイントがありました。
多くの企業からの信頼を得られたからこそ、アルトコインの中でも安定した地位にあると言えます。
今後ICOを行うプラットフォーム系の仮想通貨については、イーサリアムとの差別化が最重要課題です。
付加機能としてどの分野に応用できるのか、普及にどのくらいかかるのかをきちんと見極めて投資しましょう。

プラットフォーム系仮想通貨の活用の場は多く、ICO後の爆上げも珍しくありません。
しかしプロジェクトの進捗が遅れるなど、マイナス要因で簡単に値を下げることもあるので注意してください。

ICO最新情報は坂本よしたかメルマガへ