坂本よしたか 仮想通貨ICO「ANGELIUM」

坂本よしたか 仮想通貨ICO「ANGELIUM」

こんにちは!坂本よしたかです。

今回はICO情報をお伝えいたします。
坂本よしたかのおすすめICO案件ということではありませんのでご了承ください。

仮想通貨ICOのANGELIUMは、性欲に着目したプラットフォームを構築するプロジェクトです。
構築されるプラットフォームは、アダルト業界の問題解決に役立つだけでなく、ユーザー保護にも貢献する仕様になっています。

世界規模で見るとアダルト市場は10兆円を超えていて、ゲーム市場や映画市場を上回る巨大な娯楽市場に成長しました。
日本のアダルトコンテンツは特に評価が高く、アジア市場の90パーセントを獲得している現状もあります。
とは言ってもアダルト業界においては、多大な損害が常に発生していることをご存知でしょうか?
海賊版コンテンツや違法ダウンロードが増加し、アダルト業界では売上の減少や出演女優への報酬低下などが続いているのです。
そこでICOのANGELIUMでは、収益がサービス提供者にしっかり還元されるプラットフォームの開発を目標に掲げています。

ICOプロジェクトのANGELIUMは、アダルト業界の収益源確保だけを目指したものではありません。
ANGELIUMブロックチェーンとANGELIUMウォレットを活用し、最先端VR技術を搭載したプラットフォームの構築を行います。
もちろん世界初のプラットフォームになりますから、利用者はANGELIUMならではのアダルトコンテンツを楽しんでいけるでしょう。
プラットフォームの総称はICOプロジェクト名と同様にANGELIUMであり、アクセスにはANGELIUMウォレットが必要です。
ANGELIUMは豊富なサービスを計画していますが、サービスの購入にはANLトークンを使わなくてはいけません。
また、ANGELIUMはOtoOプラットフォームに該当するため、オンラインもしくは現実世界で楽しめるサービスが提供されます。
感覚デバイスへの対応や関連企業との提携が行われるなら、将来的にはサービスの拡張をさらに見込めるかもしれません。

ANGELIUMのICOセールは、2018年の3月30日から同年7月31日まで実施され、既に終了しています。
調達額が積み重なるほどステージは進み、日本では第5段階の中止が発表されました。
どこの取引所なのかは公表されていませんが、ANGELIUMは2018年の10月から同年12月に仮想通貨取引所への上場を予定しています。
ロードマップによると2019年1月から3月のほか、同年4月から6月にも、それぞれ別の仮想通貨取引所へ上場する予定が見られます。

最先端の技術を組み合わせ、アダルトコンテンツに適したプラットフォームを構築するプロジェクトがICOのANGELIUMです。
ANGELIUMはOtoOプラットフォームとしてサービスを展開しますので、アダルト業界の発展につながることを期待されています。