坂本よしたかのまとめ急成長中の海外仮想通貨取引所

坂本よしたかのまとめ急成長中の海外仮想通貨取引所

急成長中の海外仮想通貨取引所CoinEx

坂本よしたかです。

仮想通貨の取引所は、2018年に入っても増えています。急成長を遂げる取引所も多く、その中の1つがCoinExです。CoinExとはいったいどのような取引所なのでしょうか。

CoinExは香港に拠点を置く取引所です。運営をしているのは、マイニングの大手グループになります。比較的に新しい取引所のCoinExが注目を集めたのは、基軸通貨として世界で初となるBCHを採用したことです。ただ、BCH限定ではなく米ドルやBTCにも対応しています。取扱している通貨は現時点で15種類と、そこまで多くありません。しかし注目のコインを取扱しているため、不満を感じる人は少ないでしょう。また、CoinExでは独自のトークンも発行しています。1日の取引手数料から、この独自トークンの所持数に比例して配当が配られているのです。まだまだ新しい取引所だけに、配当金額は少ないのが欠点です。ただ2018年の7月から無料配布されているものですから、今後の伸びしろに期待したいところでしょう。ちなみに取引手数料の支払いに、このトークンを使うことによって割引料金が適用されるのも魅力です。

CoinExを利用するメリットとしては、ウェブサイトが日本語対応している点です。取引画面にしてもシンプルで見やすく、取引がしやすいのが特徴でしょう。スマートフォンで利用できるアプリも提供されていて、投資そのものを手軽に行えます。手数料も比較的に安めの設定ですから、短期取引にも向いているようです。反面でデメリットになるのが、取引量の少なさです。まだ設立されてから1年経っていないので、取引量が少ないのは仕方のないことかもしれません。ただ、先にお伝えしたような独自トークンの発行など、ユーザーを増やすための手段は講じています。そのため順調にいけば、数年が経過する頃には大きな取引所になっている可能性があります。しかし現時点では取引量が少ないため、メインで使う取引所にするには不安が残るでしょう。さらに、サーバーの動きが不安定なのも見過ごせません。独自トークンの発行によって、一気に人が増えたのはいいのですが、その負荷に対応できなかったようです。サーバーが落ちてしまったのも、一度や二度ではありません。落ちるたびに、メンテナンスが行われているので、安定した取引をするのには時間がかかるでしょう。

CoinExは世界初となるBCHを基軸通貨に据えた取引所です。手数料が安価で、独自トークンの発行など魅力的な部分を備えているのも事実でしょう。反面で、まだ取引量が少なく、サーバーが安定しないのがデメリットです。

海外仮想通貨取引所について知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録
仮想通貨最新情報を集める

急成長中の海外仮想通貨取引所Bitmart

坂本よしたかです。

急成長をしている仮想通貨の取引所に、Bitmartがあります。後発の取引所となるだけあって、既存のものにはないサービスを提供している取引所が増えているのです。Bitmartもその1つになります。ここではBitmartに、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

Bitmartはケイマン諸島を本拠とする取引所です。2017に創立され、翌年の3月から取引がスタートしました。
現時点ではアメリカ、中国、韓国の3つに支社を設立しています。ちなみにBitmartは、MSBを取得しているのもポイントでしょう。MSBとはアメリカが発行する免許のことで、仮想通貨の交換業を行うためのものです。国内外を問わず、規制などで取引所が営業を停止するのは珍しくありません。きちんと国が発行するライセンスを取得している、Bitmartのような取引所は不安材料が1つ消えたとも言えます。

このBitmart最大の特徴なのが、取引手数料でしょう。業界でも最安値といってもいい、0.05%の設定です。国内の取引所と比較すると、海外の取引所は手数料が安い傾向にあります。特に多いのが取引量などによって、割引を受けられるものでしょう。割引後の手数料と比較をしても、Bitmartの初期手数料の方が安いのは魅力です。さらに、日本語対応しているのも見逃せません。日本人ユーザーとしては、日本語対応しているかは大きなポイントになるでしょう。メールでのサポートも日本語に応じてくれますので、日本人ユーザーも使いやすいはずです。ただし、日本語対応している場合、金融庁からの横槍が入る可能性もあるため、その点を危惧するユーザーも少なくありません。

Bitmartで特徴的なのはミッションXです。独自トークンであるBMXを利用したシステムの1つで、今後上場される予定である通貨ペアの内、ユーザーが投票して決められるのです。100万BMXを集めると上場するシステムで、その通貨の取引手数料が投票に使ったBMXの分だけ還元されます。仮に100万BMXを達成できなかった時は、費用が返還されるので損はありません。新しいコインが上場するのに、ユーザーが直接的に貢献できるシステムに注目が集まっています。ちなみにBMXは、2018年時点でアカウント開設をすれば、無料でもらえます。

Bitmartは手数料が最安値になる取引所です。総合的に見てもコストパフォーマンスが良い上に、日本語にも対応しているので、初心者にも使いやすいと言えます。独自トークンにおけるミッションXの評判も良いので、口座開設をしても損はありません。

海外取引所も抑えておかないと仮想通貨で損をすることになりますよ!

海外仮想通貨取引所について知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録
仮想通貨最新情報を集める

急成長中の海外仮想通貨取引所CryptoGT

坂本よしたかです。

現在注目を集める仮想通貨の取引所にCryptoGTがあります。最近になって設立されたばかりの取引所のため、良いところを集めているのが特徴です。ここではCryptoGTについて詳しく解説をしていきましょう。

CryptoGTの特徴はなんといっても、レバレッジが200倍まで対応している点です。他の仮想通貨の取引所では、レバレッジ取引はできても20倍前後のことがほとんどでしょう。少ない資金で大きな取引をしたい人にとっては、物足りなく思うケースも珍しくありません。しかしCryptoGTのように200倍もかけることができれば、満足のいく取引ができるはずです。アルトコインを含めて、すべてのコインで同一の倍率でレバレッジ取引ができるのも魅力でしょう。さらに、追証がないのもポイントです。高倍率のレバレッジ取引では、少しの値動きでも大きくマイナスを出す可能性があります。

ここで怖いのが追証の存在ですが、CryptoGTではかかりません。そのため現在の資金がゼロになれば、そこで取引は終了です。借金をすることがないので、比較的に安全な取引ができると言えます。

さらに、2018年の10月時点で40種類を超える通貨ペアに投資が可能です。仮想通貨同士のペアだけではなく、法定通貨とのペアがあるのも特徴だと言えるでしょう。
大きいのは日本円とのペアがあることです。日本円が使えるだけでも身近に感じる人が多いはずです。ただ注意したいのは、入金については日本円が直接使えない点になります。さらに日本語対応となっているのも魅力的な点でしょう。

海外の取引所では日本語に未対応なところが多いですが、CryptoGTでは安心して取引ができます。サポートも日本語対応なので、初心者でも使いやすい取引所だと言えるでしょう。ちなみにCryptoGTでは手数料が無料となっています。ただし、スプレッドはあるのでその点だけは覚えておいてください。

CryptoGTを利用する上での注意点としては、スプレッドが若干広めの設定である点です。手数料が無料なのは嬉しいですが、同系統の取引所と比較するとスプレッドが大きくなります。そのためスキャルピングなどの、超短期取引をするのには向いていないと言えるでしょう。アルトコインでのスプレッドは、若干狭めです。結果、アルトコインのトレードをするのなら、向いているかもしれません。

CryptoGTは高いレバレッジと、多様な通貨ペアがある取引所です。日本語にも対応していて、サポートも受けられるのは大きな魅力だと言えるでしょう。少ない資金で大きな取引をしたい人には、お勧めの取引所の1つです。

海外仮想通貨取引所について知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録
仮想通貨最新情報を集める