坂本よしたかICOについて

坂本よしたかICOについて

こんにちは!坂本よしたかです。

最近は仮想通貨という言葉がなかなか耳から離れてきている人も多いのではないでしょうか?

ビットコインの億り人が流行りかなり話題にはなりましたが、実際どんなものなのかしっかりと理解していないと大やけどをするのが仮想通貨の世界です。

仮想通貨で大きく儲ける為に覚えておかなければならないことそれが、ICOです。

まずはICOとは何かということを坂本よしたかがお伝えします。

ICOとは Initial Coin Offering の略です。
何かプロジェクトを実行するにあたって、一般の人々から資金を集めることだと思って下しさい。

最近有名になったクラウドファンディングみたいなものです。
ただクラウドファンディングとは投資して何か権利をもらうものが多いのですがICOは違いあくまでも投資の要素が大きいものです。

ICOの規模は日本だけではなく世界でお金を集めているので円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めることが多いのが特徴です。

2018年の最も多いときは16億ドル以上者お金が動いたとても大きな市場なのです。
ちなみに2017年1月以降ICOで動いた累計金額は1兆円を超えるとも言われています。

ICOとは似た言葉でIPOという言葉があります。

IPOとはInitial Public Offering の略であり、東京証券取引所(東証)などに株式を上場することを意味します。

ではICOとIPO何が違うのでしょうか?
それはIPOは審査がとても厳しいということです。
IPOには、厳格な手順があり、違反する厳しい罰則が待っています。

しかしICOには全く審査がありません。
現状規制する法律はないのです。これから作る流れにはなっていますがまだまだ整備されておらず法律が追いついていない状況なのです。

だから、詐欺的なICOが存在していることがあるんです。

2018年4月までに募集が終了したICOのうち…
なんと7割が、トークンセールの終了を公表しなかったり、完全に姿を消してしまった案件もあるのです。

このようにICOは安易な気持ちで、初めては絶対にいけません。

坂本よしたかの情報も含め、まずは情報を集め、本当に大丈夫な案件なのかをご自身の目で確認してください。

ICO最新情報を知りたい方は坂本よしたかのメルマガにご登録お願いいたします。
仮想通貨最新情報を集める