米NASDAQ仮想通貨取引所に技術提供を検討

米NASDAQ仮想通貨取引所に技術提供を検討

こんにちは!坂本よしたかです。

世界最高峰の証券取引所と言われているアメリカのNASDAQが、2018年11月に入り仮想通貨に関するコメントを発表しました。NASDAQが誇る市場監視技術を用いることで、仮想通貨業界を煩わせるトラブルを解決できるかもしれないという内容です。仮想通貨の情報を専門とするニュースサイトの報道では、既に一部の仮想通貨取引所などでNASDAQの技術が用いられているとあります。

現在仮想通貨に関するニュースは、残念ながら良いものばかりではありません。
日本国内でも不正流出事件が発生し、ネット上やテレビなどでも報道されました。悪質なハッカーからの攻撃やその他トラブルに対し、NASDAQが発表した対策は有効なものになるかもしれません。

NASDAQが11月1日に公開した資料によると、取引所が開設された1971年以降より培った技術に自信があるとのことです。規制当局やブローカーをはじめすべての取引を監視し、仮想通貨に対する違法行為が行われないよう対策するチームを有しているとあります。元々は証券取引所のチームであるため、インサイダー取引などにも効果があるかもしれません。

証券だけではなく仮想通貨の世界においても、取引所は欠かせない存在です。NASDAQが独自の技術を活かして業界に蔓延する市場操作などのトラブルを改善できれば、仮想通貨のイメージが良くなるかも知れません。

しかしNASDAQの担当者はある取材に対し、監視のためにすべての企業と提携するとは限らないと答えています。多くの仮想通貨取引所は提携するにはまだ早いステージにいて、提携に関しては慎重であるためだと理由も説明されています。

仮想通貨取引所は日本国内だけではなく、国外にも多数存在します。そのすべてがメジャーな銘柄を積極的に取り扱っているわけではなく、中にはマイナーなものを好むところもあるでしょう。さらに規制に従うことなく営業を続けるブラックなところ、またグレーなところもあるかもしれません。多種多様な仮想通貨取引所が存在する中でNASDAQの技術がどこまで通用するか、今後注目が集まることでしょう。世界最高峰と呼ばれるNASDAQにとって、新たなチャレンジなのかもしれません。

NASDAQの技術提供が成功すれば仮想通貨の安全性が確保され、イメージ向上により新規の投資家が増える可能性もあります。それにより仮想通貨市場の低迷が改善されれば、マイナー銘柄がメジャーになるかもしれません。

坂本よしたかのメルマガはこちら

仮想通貨最新情報を集める