坂本よしたかが教えるステラの魅力

坂本よしたかが教えるステラの魅力

こんにちは!坂本よしたかです。2018年の仮想通貨の市場では、様々な問題が起こりました。 その代表的なものが、ハッシュ戦争です。結果、PoW通貨への懸念が拡大され、影響下にないリップルやステラが見直されるようになりました。このハッシュ戦争の問題について坂本よしたかと一緒に見ていきましょう。

ハッシュ戦争とは、端的にお伝えするとマイニングにおける支配率を狙ったものになります。
このハッシュ戦争の結果、ビットコインキャッシュは通貨分裂をしてしまいました。
この結果、PoW方式を採用している仮想通貨そのものを、不安視するユーザーが増加したのです。
PoWとは仮想通貨を構築する、アルゴリズムの1つになります。
非中央集権制を成立させるために、仮想通貨はユーザーのパソコンを利用して、ブロックを生成します。
ただマイニングによって、仮想通貨を得られるとなると巨大な集団が力を持ってしまうのです。
特にハッシュの51%を獲得すると、理論的にはネットワークそのものの操作が可能になるとして、ハッシュの領域をめぐる争いが起こりました。
これはビットコインやビットコインキャッシュだけではなく、PoW方式の仮想通貨共通の問題と言えるでしょう。

対して、リップルではPoW方式を採用していません。
つまり、ハッシュをめぐる争いそのものが、起こらない仕組みを持っています。 ステラは、リップルをベースにして作られた仮想通貨です。 リップルが企業などを対象とした決済システムを提供するのに対して、個人で利用できる決済システムの提供をしています。
この2つの仮想通貨が、PoW方式ではないことから、資金の流入が起こっているのです。
特にリップルへの資金流入はめざましく、ついに時価総額でビットコインの次にくる2位を獲得したほどです。
現状の勢いでは遠くない内に、時価総額1位を狙えるのではと予想する人も少なくありません。
既に多数の企業と提携するなど、リップルには実績があります。
また、大手取引所を初めとして、金融商品としての取り扱いもでてくるほどです。
こうした流れを見ると、PoW方式の通貨よりも投資家からの信頼を受けていると考えて良いでしょう。
このハッシュ戦争が起こるまでは、仮想通貨における非中央集権制を否定するものだ、とする見方もありました。
しかし、ここへきてその価値が見直されているのです。

ハッシュ戦争の影響で、PoW方式の仮想通貨を不安視する投資家が多くなりました。
その結果、PoW方式を採用していない、リップルやステラの価値が高まっています。
今後もしばらくはこの流れが続くのでは、というのが大方の見解です。