坂本よしたか【Amazonで億万長者1】

こんにちは今日は散々な1日の始まりでした。寝坊してしまって、いつもと違う時間の電車に乗ったのですが、なんとこんなにも違うのかというくらいの満員電車!そういえばこの満員電車が嫌で1年前に電車の時間を変えたことを思い出しました。本当に布団を圧縮パックに入れるくらいにギュウギュウで、生きた心地がしなかったです。その満員電車を経て会社になんとかついたものの財布を忘れているではないですか。あーあやってしまった。なんとか電子マネーに300円入っていたのでお昼ご飯を300円以内におさえて空腹のまま帰宅しました。財布がないだけで、こんな不自由な生活をしなければならないなんて、いや、財布というかはお金ですね。私が、会社に1000円でもおいていれば、お昼に、カツ丼でも、牛丼でもなんでも食べれました。改めてお金の大切さを学ばせていただきました。お金は大事!そして、そのことにもつながるのですが、私は最近副業に少し生活の足しを稼げないかと、模索しています。色々自分なりに調べては抽選してみるのですが、うまくいきません。副業で稼ぐと意気込んでいましたが逆に色々試すための資金で30万円も使ってしまいました。とほほ、、

しかし、それを逆転できるのではないかというものに出会ってしまったのです。それは一冊の本です。この本を見たとき電撃が走りました。その本とは、坂本よしたかさんの著者「Amazonで億万長者 私がAmazon転売をきっかけに成功できた理由」です。まずはこの億万長者というキーワードに惹かれました。誰もが一度は夢見る億万長者。それになれる可能性を秘めた情報がこの本の中に!?と思うとワクワクが止まりませんでした。そして、私達の身近にあるAmazonこれを利用する?!これは私にもできる!そう確信しました。迷うことなく購入して、早速読んで見ることにしました。坂本よしたかさんどうぞよろしくお願いします!「裏ステージの存在を知ってください!私には昔、生活が苦しい時があったのですが、その頃、知り合いの超お金持ちの人にとあるところに連れて行かれました。そのお店には一般の人は入れず、店自体も存在がわからない、会員制で月20万以上のところです。

※危ないところではありません笑。

そこは100坪くらいの広さがあり、豪華な食事に、お酒も飲み放題の場所でした。私は世の中にはこんな世界があるのだと知った時、将来は自分もこのVIPな世界にきてやる!と決心しました。これまた、経験談ですが、ガラケー時代に、とあるイニシャル番号を押して電話すると通話料金が無料になるという方法が存在しました。信じられませんか?でも本当なんです。他にもあります。以前よく行っていた映画館は、同じビルの地下に金券ショップがあり、そこでは最新の映画チケットが半額で売っていました。通常の値段でチケットを買っている人がいる中で、同じチケットを安く買い、変わりなく映画を楽しめていたのです。電話代が無料!最新映画が半額で観られる!普通の人が気付かないところで、賢く利益を残してきたといってもいいでしょう。世の中には、通常の生活からは知り得ない世界、もしくは上手く賢くやり抜けるような方法といった裏ステージがあるということを体験的に学んだわけです。そんな私が、2年前せどりと出会い、大きな利益を出し続けていられるのも、世の中には非常識な裏の世界があるということを知ったからこそです。また、裏ステージの存在を知ったことで、今の私があると感じています。本書では、私が転売ビジネスでどのようにして高い利益を出し続けているのか、その方法と考え方をお伝えしたいと思います。まずは先入観をなくし、何事も信じて行動してみてください。あなたに大きなプラスの世界が待っているはずです!」裏のステージの世界!見てみたいです。確かになんとなくVIP席やそういう優遇されたサービスを街で見る事はありますが、そんな見えているものじゃなくて、さらに裏の世界があるということになりますね。すごい興奮しています。そこに私自身がいけるクラスになったらと思いうと、、ニヤニヤしてきてしまいます。そして、そこにいけるための情報がこの本に詰まっているとなったら、わーーー!早く読みたい。絶対に坂本よしたかさんの転売ビジネスの手法をマスターして億万長者になろうと思います。そうすれば、もしかしたら近い将来会社も辞めることができるかも、、自由な生活が私を待っているぞ!!「知識ゼロでも転売で成功できた理由 スキルなし、知識無し、ゼロからのスタート 2012年6月、私はせどりという転売ビジネスのことをはじめて知りました。せどりというと、古書店を舞台とした剛力彩芽主演の推理ドラマで、高橋克美演じる、せどり屋志田肇が、古書店をまわって、他の店で高く売れそうな本を安く買って、他の店に高く買い取ってもらうシーンが印象強く、古書を扱うものだと思われる方も多いと思います。実は私も当時は何も知識がなく、せどりと聞いたときに古書の転売?と思ったものです。ところが、古書だけでなく、日用雑貨から電化製品まで、しかも、中古品だけでなく、新品の商品まで、ありとあらゆる商品を扱う、せどりという転売ビジネスがあることを知ったのです。私はせどりという転売ビジネスを知って、それを実行したところ、2カ月で1000万円、6カ月後に2400万円を売り上げる店舗を築き上げることができたのです。」えーー!すごすぎる。2カ月で1000万円売り上げるってどれだけ販売したんですか!それだけ売り上げるってことも、十分にすごいですし、それだけ仕入れることができているのもすごすぎます。2ヶ月、、ドラマがワンクール3カ月なので、ドラマが始まってまだ終わってない状態で、それだけの成果を出すことに成功しているのですね。こういう話を聞くと私は何をしていたんだと、猛烈に虚しくなりますが、しかし!ここで坂本よしたかさんに出会って、しっかり学んでいくのだから問題ないですね!私のスタートはここからです。私も1000万円売り上げます!「しかも、スタート時点の2012年6月の時点での手元資金は0円です。まさに、0円スタートで、6カ月後に2400万円の売り上げを実現することができたのです。え?嘘でしょう?たまたま運が良かっただけでしょ?と思われる方も多いでしょう。しかし、決して嘘ではなく、そして運が良かったわけでもなく、転売ビジネスが誰にでもできるシンプルなビジネスだということが成功できた大きな要因なのです。非常に簡単なんです!安く仕入れて高く売る。このビジネスの原理原則に則って、販売をしていくことで、転売を始めてから2カ月後の2012年8月に、私は、月商1000万円を達成しました。安く仕入れるためにはどうすればいいか?市場で高く売っている商品はないか?転売ビジネスで考えることはこれだけなのです。市場をまわってみると、不思議なものが見えてきます。全く同じ商品で、Amazonでは8000円で飛ぶように売れている商品が、ある店に行くと6500円で売られているのです。その店で6500円払って商品を買い、Amazonで8000円で売れば、その段階で1500円の儲けです。それを10個買って10個売れば15000円の儲け、100個買って100個売れば15万円の儲けになるのです。これが転売ビジネスの仕組みなのです。」単純明快!この転売ビジネスの根本!真髄が見えてきた気がします!これからの自分の転売生活が楽しみです!